Northern Science Consulting Inc.

ノーザンサイエンスコンサルティング株式会社

お問い合わせ


薬物動態解析・製剤設計支援ソフトウエア

開発元:

ヒトおよび各種動物への静注、経口、口腔内、眼、吸入、経皮、皮下投与における薬物の体内挙動をシミュレーション計算を通して予測します。 吸収スクリーニング、薬物動態解析、製剤開発・設計、IVIVC評価、仮想母集団を用いた模擬臨床試験など創薬の初期から開発まで広く利用可能なモデリング&シミュレーションソフトウェアです。

  GastroPlus® Core パンフレット

  GastroPlus® オプションモジュール パンフレット
|製品概要| リリースノート| リファレンス| FAQ| トライアル|

※オプションモジュール

製品概要

薬物の消化管挙動を精度よく表現できる、Advanced Compartmental Absorption and Transit (ACAT) モデルをエンジンに用いたシミュレーションソフトウェアです。"Core"と呼ばれる基本モジュールに研究用途に合わせたオプションモジュールを組み合わせることで、生体内での複雑な相互作用を考慮して薬物吸収を表現し、薬物挙動を理論的に考察すること可能にします。
吸収スクリーニング、薬物のPKに与える影響とそのメカニズムの解明、製剤開発・設計、IVIVC評価、臨床試験の推測など創薬の初期から開発まで広く利用可能です。

GastroPlus® の基本機能(core):

特徴

ヒト及び動物における薬物の吸収挙動の解析やPharmacokinetics/Pharmacodynamicsの予測及びそれらのシミュレー ションを行います。 生体内での複雑な相互作用を考慮して薬物吸収を表現できるため、薬物挙動を理論的に考察することができます。吸収スクリーニング、薬物のPKに与 える影響とそのメカニズムの解明、製剤開発・設計、IVIVC評価、臨床試験の推測など創薬の初期から開発まで広く利用可能なソフトウェアです。

GastroPlus® のアドバンテージ:
GastroPlus for Discovery:

医薬品の探索ステージでは多くの候補化合物を種々の特性でスクリーニングします。 多くの研究者は、コンピュータモデルや相関式や実験との組合わせでスクリーニングを行っています。GastroPlusは、経口吸収性のポテンシャルを探るツールとしてのご利用ができます。 GastroPlusのBatchモードを使うことで、大量化合物のFaを短時間で予測計算します。 また、物性予測ソフトウェアADMET Predictorのライセンスをお持ちであれば、GastroPlusから構造を指定することで自動的にADMET Predictorを呼出し GastroPlusに必要なパラメータを計算し、自動的にGastroPlusに入力します。さらにParameter Sensitivity Analysis の機能を使うことで、吸収に影響を与えるパラメータを評価することができますので、ケミストとのディスカッションの材料としてもご利用いただけます。 また、Parameter Sensitivity Analysisで吸収に影響が無いパラメータを見出し、実測を減らすことも可能です。

GastroPlus for Development:

開発段階では、探索段階に比べ、候補化合物が大幅に少なくなる反面、データは一層増加します。また、課題となるものも変化します。吸収に関して は、Bioavailabilityや製剤の影響、あるいは、コントロールリリースの設計などに変わっていきます。
GastroPlus®は、下記のような課題に対処することができます。

オプションモジュール

以下のGastroPlus®オプションモジュールがご利用頂けます。

Additional Dosage Routes
経口投与、静脈投与以外の投与ルートのモジュールです。現在、眼投与(点眼、眼注射、インプラント)、肺投与(経鼻、吸入)、経皮投与、皮下注射および口腔内投与時の体内動態シミュレーションが可能になります。
ADMET Predictor®
GastroPlusのシミュレーションに必要な物性値を化学構造(SD、RD、MOL、SMILES)から予測します。このモジュールがあれば、in vitro、in vivo実験無しでFa予測や吸収部位の推定、吸収障壁の解析などが可能となります。
Biologics
抗体医薬の吸収、分配、クリアランスのシミュレーションを行い、PBPKモデリングが可能となるモジュールです。 現バージョンでは、急速静注、点滴静注または皮下注によるモノクローナル抗体(mAb)をモデル化できます。 このモジュールには、PBPKPlusモジュールが必要となります。
Drug-Drug Interaction (DDI)
競合的および時間依存的な代謝やトランスポーターベースの薬物相互作用を予測します。このモジュールの利用には、Metabolism & Transporter モジュールも必要となります。
PBPKPlus™
コンパートメントモデルに加え、生理学的薬物動態モデル- Physiological based pharmacokinetic (PBPK)モデルの吸収シミュレーションを可能にします。
PDPlus™
論文等に記載されている標準的なPharmacodynamics (PD)モデルを実測のPDデータにフィッティングさせ、投与量や投与形態、投与計画を変化させた場合のPD効果を予測します。
PKPlus™
静脈注射による血中濃度時間データから薬物動態パラメータを算出します。経口投与によるデータを併せて入力することで、バイオアベイラビリティーを計算します。
Metabolism & Transporter
トランスポータによる影響を考慮した吸収と、代謝酵素を考慮した動態解析を行うためのモジュールです。
Optimization
吸収率(Fa)、バイオアベイラビリティ(BA)や血中濃度時間曲線(Cp-time)データ、製剤溶出データなどの実測値とシミュレーション結果を合わせるようにパラメータを最適化するモジュールです。
IVIVCPlus™
in vitroデータと、GastroPlus®で解析したin vivoのデータの相関を比較確認するモジュールです。


SimulationsPlus 社製品ソフトウエア一覧

GastroPlus®
薬物動態解析・製剤設計支援ソフトウエア
ADMET Predictor®
ADMET物性予測ソフトウエア
DDDPlus™
in vitro溶出試験シミュレーションソフトウエア
MedChem Designer™
分子構造作成とADMET物性予測機能を備えたフリーソフト
MembranePlus™
膜透過性試験データをベースにしたシミュレーションツール
SSL

©2004-2020 Northern Science Consulting Inc. All Rights Reserved.